災害・オウム対策調査特別委員会

2014/12/17(水)災害・オウム対策調査特別委員会(3)

引き続き質疑の様子をお伝えします。

共産党の委員さんが促してくださったおかげもあり、与党の委員さんも質疑を行ってくれました。

※正確な内容は区議会のHPに会議録が公開されるまでお待ちください。[参考][引用]は情報の補足として個人的に追加したもの。( )は個人的な意見・補足等。



公明党 長井まさのり議員


▼学校給食の放射性物質検査について

  

<質問>

学校給食の産地公表について現状はどうなっているか?また、保護者から食材に関する問い合わせの状況は?


<答弁> 学務課長

食材の産地公表は学校の掲示板やホームページで継続している。現在は保護者から食材についての問い合わせは学務課や学校にもない。

 

<質問>

東京都学校給食会で実施している食材の放射性物質検査の最近の結果はどうなっているか?

 

<答弁> 学務課長

検出限界値10Bq/kgで実施されており、今のところ放射性物質は検出されていない。

  

<質問>

放射性物質が検出されていないということは「0」なのか?

 

<答弁> 学務課長

10Bq/kg以下は検出できないので数値は出ない。

  

<質問>

そういう情報を学校や栄養士に伝えていくことが重要と思うがどうなっているか?

 

<答弁> 学務課長

学校に必要な情報は「校務支援システム」で随時知らせている。栄養士には、月1回の検討会(栄養士全員参加)で学務課から必要な情報を提供している。

  

<質問>

子どもたちの食に関する大変重要なことなので、何かあった時には迅速に対応して区民の不安に答えてほしいと思うがどうか?

 

<答弁> 学務課長

 

日々の情報に注意してしっかりやりたい。



・・・ということで、長井委員の質問はここまでです。

終始単なる事実確認と言った感じでした。


いよいよ次は自民党の委員さんの質疑です。